iPhoneの本体交換、そして修理の方法って?

常に携帯しているiPhone、とても身近なものなので失念しがちですが精密機械ということには変わりないです。そんなiPhoneが壊れた場合はどうしたらいいのか?本体交換や修理方法についてご紹介いたします。

正規店と非正規店の違いとは

代替テキスト

iPhoneはかなり身近な存在で、毎日長時間使用している人も多いものです。ビジネス、学業、娯楽……オンオフ問わず両方で活用している人が多いiPhoneが突然壊れてしまったとなると、ライフラインが一つ途絶えたかのような状態になってしまいます。壊れてしまった場合とれる対策として挙げられるのが修理、ここではiPhoneの修理についてご紹介いたします。まずiPhoneの修理を受け付けているのが正規店と非正規店です。正規店は正規サービスプロバイダーなどに直接持ちこむ、引き取りに来てもらう方法で、正規の研修を受けた技術者が純正部品を使って修理してくれます。それゆえに信頼性が高くハイクオリティなサービスを受けることが可能、また加入しているサービスによっては格安で修理を受けることができるというのも特長です。デメリットとしてあげられる例は、修理期間が長引く可能性があること、そしてバックアップが必須であるということです。

工場出荷の状態、つまりは初期化して返送されるので、データを1から入れなおす作業を自分でする必要があります。そして次に非正規修理、これは非正規という名称はついていますが、あくまでiPhone正規ではない、というだけできちんとした修理店であることが殆どです。不安な場合は総務省登録か否かを調べると、より安心して任せられます。非正規店の良さはデータを消去しないこと、そして基本即日対応でその日のうちに返却されるというところにあります。価格も安く利用しやすい修理店も多いです。iPhoneにおいてよくある故障内容は画面割れですが、それは非常に早く対応してもらえるケースが多いので重宝されています。但し正規修理とは違ってその店によって修理のクオリティが異なるというのがデメリットとされています。

勿論腕のいい技術者もいますが、全ての店舗が必ずしもそうではなく、またパーツは正規品の使用を認められていないためあくまで「正規品相当」のパーツです。もし正規修理に関するサービスに加入している場合は非正規店に修理をしてもらうと、その保証から外れてしまうというのも注意するべきところです。それぞれで独自のサービスを提供しているので、事前にどんなサービスを受けられるかどうかを確認するのがおすすめです。各店舗によって特色があり、お得に修理できる機械も設けられています。バックアップを完了しているならば常に安定したクオリティを提供しているので安心して任せられるのが正規店、データはそのままに即日対応してくれるのが非正規店です。

各部分のおおまかな修理費用

代替テキスト

修理費用は故障した箇所によって変わります。どの部分はいくら位、というのを把握しておくのがおすすめです。まずはよくある画面の修理、iPhoneは誤って落下させてしまうことが多く、その結果画面割れに繋がってしまうことがあります。内部まで損傷していないのであれば、修理に出せば新しく交換してくれます。修理費用は機種にもよりますが、大体13000~35000円程度でこれは特に保証に加入していない状態です。ですがAppleCare+に加入しているならば最大二回までは3700円で対応してくれます。ふとしたときに落下させてしまうのがiPhone、そのためにも周辺アクセサリなどで対応できますが、不注意の結果画面割れが発生してしまった場合の修理料金はこのようになっています。そして次にバッテリーの交換、これは大事に使っていても充電をしているうちに劣化してしまうものなのです。

他の部分は特に不具合が出ていなくても、劣化していくと蓄電できる量が減少していき、その結果充電したばかりでもいきなり残り50%になっている、ということが起こってしまうのです。そのため適切な時期に交換するのが大事、その時かかる費用は大体5,400~7,400円程度とされています。比較的安価で対応してくれる上に、もし保証に加入しているのであれば費用が発生せずに交換が可能です。これら画面割れやバッテリーに関してはよくある修理内容でもあり、そして安価で受けやすい修理内容です。しかしこれら以外にも修理が必要な箇所は出てくるもので、ホームボタンや液晶の内部などその他の部分については高額な費用が発生する可能性が高いです。もし保証に加入しているのであれば12900円修理してもらえますが、加入していない場合最大70000円近くもの修理代がかかってしまうケースがあります。そんな時は本体を交換してしまう方がいい場合もあります。iPhoneエクスプレス交換サービスの利用や、もしくは型落ちして安くなったiPhoneへの買い替えがおすすめです。あまりにもひどい故障をしてしまい、修理料金が高額になる場合は本体を交換するほうがお得な場合もありますので、是非検討をおすすめいたします。

保証に加入していない場合は非正規修理店に

代替テキスト

iPhoneを持っている場合、AppleCare+への加入はとてもおすすめですが、AppleCare+に加入にあたり料金を支払う必要があります。月額料金として少し高めに感じる金額なので、壊してしまいやすいという人にとってはお得ですが、今まで修理が必要なかった人にとってはもったいないと感じる価格でもあります。またこの保証に加入するには本体購入から一か月以内に決定する必要があるので、入り損ねてしまう人もいます。保証に加入していないと正規修理店での修理はいずれも高額になってしまいがちです。故障はほぼ事故であること多数、誤って壊してしまった上に高額の修理料金がかかってしまうのは誰しも避けたいことです。正規保証サービスの概要から外れても問題ないのであれば、非正規修理店で安心して任せられるところを探すというのも一つの手です。非正規修理店を選ぶ時のポイントは総務省登録業者であるかどうか、そしてその後の保証もしているか、というところです。

電波法の総務省登録修理事業者制度に基づき登録される非正規修理業者は信頼の証明になります。そして、修理を行なった場合もし不具合があれば無料で再修理を受け付けてくれるなどのアフターサービスを行なってくれるところの利用がおすすめです。料金は機種によって異なるので、ホームページ上で出している一覧を確認して自分の機種だといくらくらいか、という見込みを出せます。急な修理が必要なおかつ保証に入っていない!というときの強い味方である非正規修理業者、うまく利用して万が一の故障に備えておきたいところです。また近隣に店舗がない場合でも、郵送での修理受付をしているところがあります。このお店に依頼したいけれど近くにない、という場合は郵送での受付をしているかどうか確認して、可能であれば問い合わせするのをおすすめいたします。iPhoneは今のご時世常に快適に動いていてほしいもの、画面割れなどはつい放置しがちですが、故障がひろがる前に早めに修理をして安心して使用できる状態にしておきたいところです。

さまざまな故障パターンに対応しているので、まずは相談してみるのがおすすめとなっています。窓口からお見積りも出してもらえますので、依頼前に必要な金額についても確認が可能です。ちょっといた欠けが大きな故障に繋がってしまう場合があるiPhoneを大事に使うためにも、正規・非正規問わず修理方法の把握をしておくのが安心です。