現場作業の味方、ウエスとは?

「さまざまなところで使われているウエス、家庭でも現場でも使われているような幅広い用途を持っています。何気なく使っているものですが実は工夫を凝らされている事が多い品質、そんなウエスのあれこれについてご紹介いたします。」

・ウエスと雑巾の違いとは?

代替テキスト

汚れなどをふき取ったりするために使われているウエス、一件雑巾をちょっと違う言い方をしたものかのように感じられますが、そこに違いがあるのかというと少しわかりづらいものです。
ウエスと雑巾は特になく、ウエスについては機械や車の油汚れや不純物を取り除く為に使われる雑巾の役割とされており、主に現売作業で使われる、そんなイメージとして使われている言葉となっています。
また目的上手足など人体に使われるのがメインではないそれは肌触りなどは特に気にして製造されておらず、元々の素材も綿などといった上等なものからではなく、古着をリサイクルして作っていたりと非常にエコなサイクルで製造されている、そんな雑巾となっています。

もともと廃棄物という意味の"WASTE"がなまってウエスと呼ばれており、使い古されて捨てられたボロを指すことばとされています。
主に掃除に使うものとして、そしてこうした品質のものは非常に安価に製造されているので、大量に使われることがある工場などの現場で主に利用されている、そのため家庭用のそれとは違いウエスという名前で定着している、現場作業用品というイメージで使われている言葉となっています。
工業分野で使われているということであまり家庭では馴染みのない言い方かもしれませんが、基本的に現場作業用品店やホームセンターでも購入可能なので、その後洗濯せず捨てるような、どれだけ汚しても問題ない雑巾として購入している家庭も多いです。

特にDIYの現場で活躍するこれは、塗料を万遍なく塗る時に利用されたりと非常に便利、ハケで塗るよりも薄付きで村なく塗りやすいということで木材の塗装にも使われています。
メリヤスウエスなどが特に使われており、薄付きで乾きやすい、そして安く扱いやすいという部分から重宝されている、そんな襤褸として利用されているのです。
主に現場作業のために工場で使われているイメージではありますが、実際はその用途は選ばないものとなっており、家庭でも利用しやすい、そんな便利な使い捨ての消耗品として利用されています。

また用途が幅ひろいということでサイズも素材も異なり、それに合わせてウエスを選択することが可能となっています。
大量に袋詰めされた状態で流通、販売しているものから一定数束ねた状態でも販売されており、使用予定や用途によって好みの商品を利用するのがおすすめとなっています。
また古着などの布きれから製造されていることが多いウエスですが、用途によっては糸くずが出てしまうと扱えない、そんな場合もあります。
そんな時は不織布を使用したウエスなどもあり、精密機械や光学機器を拭くために利用されています。

工業にもさまざまな分野があり、それによってウエスも対応しており、掃除というシンプルな理由ですが無いと困る、そんな備品です。
枚数としてではなくグラムで販売されていたりと、遠慮なく使いやすい状態で販売されていることが多いウエスは、工業用としてだけではなく、家庭用としても一袋あれば便利!そんな商品となっています。
使い捨てができるというのは非常に便利なもの、環境の面を問題視されやすい現代ですが、既にしっかり使い込まれた布からリサイクルされて、その最後の用途として利用されている無駄なく使われたものです。
そのため遠慮なく使える、そんな便利な製品となっています。

・ウエスの種類はたくさんあります。

代替テキスト

ウエスは用途は主に掃除で拭くときに使うもの、とされていますが素材は非常に幅広いです。
まずメリヤス生地を使用されたコットンウエス、次にスムス生地のコットンウエス、そして紙でできたウエス、吸水力が高い素材を用いられたウエス、不織布ウエスなどがあり、いずれも有効利用された結果できたウエスとなっています。
またバージンウエス、リサイクルウエスといった分類もあり、それはアパレル業界であまったハギレなど利用されているものが多く、未使用の布や素材を使われたものがバージンウエス、すでに使われた古着などを利用されて作られたのがリサイクルウエスとなっています。

尚バージンであってもリサイクルであっても両方とも殺菌や漂白などの過程はきちんと経ており、吸水などのためにも品質保全をされているものが殆ど、リサイクルといってもけして手で触れると汚いなんてことは全くなく、安心して利用できるものばかりとなっています。
また金属探知機での検針も出荷前にきちんと行われていますので、品質を安心安全にしているのは当然のこと、あらゆる現場や家庭で安心して利用できるものとなっています。

実験現場や調理現場、工場などで利用されているウエス、環境を最大限に考えて無駄がないように考案された、非常に画期的なリサイクルの果てとされています。
また雑巾状のものもあれば箱ティッシュのような形に加工されて販売されているものもあり、用途によって必要な材質のものを必要なだけ購入が可能です。
たくさん入っているものが多いイメージですが、中には単品での包装をされている商品もあるので、家庭で購入する場合はこのタイプか少量のタイプを利用するのがおすすめとなっています。

・実用面をとことん考えられた製品です。

代替テキスト

ウエスは基本的に四角である必要はなく、しっかり使えるかどうか、きれいにふき取れるかどうかで価値が決まっています。
中には要望にそって四角のウエスも生産されている場合もありますが、基本的には吸水性や屑が出ないか、そうした面での需要が広いのがウエスです。
そしてそうした要望に最大限応えられるように考えられ、生産されており何気なく使われている製品ではありますが、製造現場ではより使いやすいウエスを生産するために試行錯誤しています。

また大量消費が見込まれるウエスは包装についても考えられており、そのまま積んでいると巨大なウエスも特殊な機械にかけることにより在庫スペースの確保も万全、またウエス工場でもたくさんのウエスの在庫を抱えることでお客様の要望に迅速に応えられるように体制を整えています。
必要な時に必要なだけの枚数が欲しい、という要望がくるのがウエス、つまり使いたい時に使えないと意味がないと言える製品です。
そのため迅速にお客様にウエスを提供できる「ウエス屋」という存在は世の中のさまざまな現場に必要不可欠な存在として成り立っています。
世の中の工業のために大事な役割を担っているウエス、キロ単位での購入も手軽なお値段で購入が可能です。

白いウエスのほうが少々割高になっていますが、色を気にしない場合は更に安い購入が可能となっています。
素材や色などを使用用途にあわせて考え、最適なものの購入をおすすめいたします。
現場といってもひとことでは言えないもの、しかしあらゆる分野でウエスがあると非常に便利なのは間違いないです。
便利な大量購入の場合20キロという量での購入も可能なので、作業のお供に購入しておくのがおすすめとなっています。
コストパフォーマンスの良さが最大の売り、親油性の高い素材や吸水性の高い素材など、便利な機能を備えているものばかりです。